もしも家族が逮捕されたら…

~運命の72時間~

身寄りのない叔父が起こした傷害事件

母の弟に当たる私の叔父は生涯独身で、ずっと気ままな暮らしをしてきました。それでも時々母の元を訪れていた頃は幼い私や妹にいつもお小遣いをくれたり何かとかわいがってくれて、私たちにとっては優しい叔父さんという存在でした。

最近は全く我が家にも顔を出していなかったのですが、叔父にとって唯一の肉親といえる我が家の母のところに警察から連絡があったのは、叔父が傷害事件を起こして逮捕されたというものでした。風来坊のような暮らしをしてきた叔父の事を母はいつも心配していたのですが、そんな母の元にさらに心配させるような知らせが届き、母はすぐに警察に出向きました。

叔父は最近からだの調子が余りよくなかったらしく、日雇いのような仕事をして生活していたのに仕事にも行けなくなりがちでかなり生活は困窮していたらしいのです。日雇いの仕事も数が限られており、みんな必死だったのでしょう、仕事を割り込んで奪おうとした人を殴ってけがをさせてしまったとのことでした。

詳しいいきさつは良くはわからないのですが、叔父だけが悪いとも思えなくて母も叔父に会って話を聞きたいと思って接見を申し出ても受け入れられず、自分にとってたった一人の弟である叔父がこれからどうなるのか不安でやつれていく母を見るのはとても辛いものでした。私の友人のお父さんが弁護士で、一度これからの事などを相談してみてはどうかと母に勧めました。

DATE:2016/08/12

ピックアップ記事一覧へ